最近登場したビビーブ治療【膣トレの続かなかった人も安心】

ビビーブ治療のメリット

フラワー

ビビーブ治療は膣壁の皮下細胞を活性化させることで膣の感度を高める効果があります。この治療法は沢山のメリットがあると同時にいくつかのデメリットがあります。それをしっかり知っていれば、治療を受けた後の対策法もわかってきます。まず、ビビーブ治療は長期的に効果が持続しません。このビビーブ治療は膣のゆるみを根本的に解決するわけではなく、その効果は1年間ほどと言われています。また、この治療法はそれぞれがもつ自然治癒力を高めるため、効果がでるまで時間に個人差があります。次に、閉経後の女性に効果があるかはわかっていません。そのため、病院によっては治療そのものが受けられないこともあります。最後にこの治療法は膣内の筋力を高めることはできません。そのため、ビビーブ治療の後に膣の筋力トレーニングも併せて行うといいでしょう。

ビビーブ治療は今までの膣のゆるみを改善する治療にはないメリットがあります。まず、ビビーブ治療は痛みもなく麻酔を使わずに施術ができます。また、30ほどで治療も終わるので、気軽に治療を受けることが可能です。つぎにビビーブ治療後はパートナーにばれずに治療が可能です。その理由は、治療を受けた後の1週間後には性行為ができるようになるからです。また、病院によっては、治療の翌日から性行為が可能なところもあります。しかし、ビビーブ治療の後には副作用が1週間ほど続きます。ですが、それも少し痺れがあったりチクチクとした感覚があったりという程度です。また、人によってはいつもよりおりものの量が増える程度です。