最近登場したビビーブ治療【膣トレの続かなかった人も安心】

治療のできないこともある

お尻

ビビーブ治療は最近登場した膣のゆるみを改善する治療法です。高周波を膣内の当てることで膣内の皮膚組織にコラーゲンの生成を促すのです。ビビーブその治療を受けられない人がいます。まず、妊娠中や妊娠をしている可能性がある方には施術できません。高周波が胎児に悪影響を与えるからです。そのため、1年以内に妊娠を考えている人も治療を受けられません。また、衛生的な理由で生理中の人もビビーブ治療を受けられません。出産してから1年経ってない人や、すでに閉経している人も治療が受けれません。それは、女性ホルモンの分泌が低下しているからです。それによって膣内のコラーゲンの生成能力も低下してるのです。そのため、ビビーブ治療を行なっても効果が期待できないのです。出産時に膣内裂傷がある人や骨盤臓器脱がある人もビビーブ治療を受けられません。

ビビーブ治療は診察から治療までいくつかの手順があります。それを知っていれば、治療のときに慌てることなくスムーズに治療ができます。まず、専門の医療機関で医師の診察を受けます。その際にビビーブ治療が患者に適切な治療法かを判断します。そのときにビビーブ治療が適切だと判断された場合に施術のときの注意点などの説明が受けられます。その後に治療を受ける日を決めます。基本的に診察と治療は別の日に受けることになります。治療当日に医療機関で用意された施術着に着替えてから治療を行ないます。そのときに医師からIラインの剃毛することを事前に言われることもあるので、医師の指導に従いましょう。着替え終わったら、ベッドに仰向けになります。そして、専門のジェルを塗って治療を行ないます。